建設マッチング

建設業で仕事がない暇なときに効率よく仕事を増やす方法【忙しい人は閲覧禁止】

あなたの悩み

建設業をやってるけど仕事が無くて困っている。
この時期の建設業は暇で収入が減ってしまう。
入札や見積もりばかりで実際の仕事がない。

こんな悩みを解決します。

建設業は、人手も仕事も限られているため、効率よく仕事を回していかないとどうしても仕事途切れてしまいます。

仕事が無いときに建設業をやっている他の人たちはどうしているのでしょうか、もしあなたがこの方法を知らなければ損をしている可能性が大きいです

この記事を最後まで読めば仕事が無くて暇な時期に仕事を確保できる方法をしることができます。

建設業の仕事が無いときに仕事を見つける方法

建設業 仕事無い

建設業で仕事が無いときに他の人たちはこのように仕事を探しています。

仕事を探す方法

  • 知り合いにあたって仕事をもらう
  • 派遣で他の仕事もあたる
  • 思い切って他の業界に転職する
  • 1万6000社とつながって簡単に仕事を探す

ひとつずつ解説していきたいと思います。

知り合いにあたって仕事をもらう

建設業 仕事無い

まず一つ目の方法は知り合いをあたることです。

建設業は少し古い体質があり知り合い同士のつながりで、仕事を見つけるということがまだまだあります。

あなたは暇でも実はすごく近くにいる知り合いは、忙しくて人手が欲しいということもあり得ます。

この方法のメリットは、現実的で簡単にできるところです。

しかし、デメリットとしては知り合い同士のつながりでは限界があるということです。

もし、あなたに建設業をやっている知り合いが1万人いれば話は変わってきますが、そんなひとはおそらくいないでしょう。

実は、知り合いがそんなにいないという人でも、建設業社1万6000社、40万人とつながることができて仕事を探すことができる方法があります。

その方法については後ろの方に書いているのでぜひ目を通してみて下さい。

派遣で他の仕事をあたる

建設業 仕事無い

次の方法は、少し難易度があがります。

暇な時期はあっさりあきらめて一時建設業を休憩して派遣やバイトで他の仕事をあたるという方法です。

これをやっているひとは意外と多いようです。

建設業の仕事には波があるので、他の業界も経験して手に職をつけるというのも有効な手段です。

メリットは新しい技術や知識が身に付く、建設業界以外への人脈ができる。

デメリットとしては、暇なときだけタイミング良く仕事があるかは分からない。

最終的に建設業に戻るとしたら期間ブランクができて、技術が落ちるという面があります。

思い切って他の業界に転職する

建設業 仕事無い

これは最終手段です。

建設業自体かなり波があること、今後仕事が少なくなってくることも考えて、思い切って建設業界から出ていくということです。

建設業界の経験年数がが少なく、自分にやりたいことがあれば若い方はこの方法が有効なこともあります。

しかし、ある程度建設業を続けてきた方はいきなり転職というのも難しいものがあります

転職したところで状況は変わらなかったということもあり得ます。

この業界で仕事を探したいという人は無料でできるので、次の方法を試してみることが一番良いです。

1万6000社とつながって簡単に仕事を探す

建設業 仕事ない

建設業で仕事が無いときの最終兵器は建設マッチングサービスです。

建設マッチングサービスを知らなかったもしくは試すのを迷っているという人はとても損をしています。

なぜなら無料で登録できて、1万6000社から簡単に仕事を探すことができるからです。

建設マッチングとは?

建設マッチングサービスとは、簡単にいうと会員登録している建設業者や職人さんが、インターネットを通して、仕事を請けたり、協力業者や応援を探すことができるサービスです。

建設業界は今まで、限られた人のつながりで仕事を受注していましたが、この建設マッチングサービスができたおかげで、業者や職人さんのネットワークは大きく広がりました。

建設業は仕事が少ないといわれることもありますが、その反面人手不足で忙しく猫の手も借りたいという人がいることも事実です。

仕事が欲しい人と、協力業者や応援が欲しい人をつなげることで、建設業界の人手を効率よく使うことができます

実際に登録者も日に日に増えていますので、まだ登録していない人はできるだけ早く登録しないともったいないです。

実際に使っている人の感想を見てみるのが一番わかりやすいと思ったので、こちらの記事に評判と口コミをまとめました。

参考記事クラフトバンク(建設マッチング)の口コミ・評判は?【16000社の会員とつながるネットワーク】

仕事が無いときに資格取得を目指す

仕事が無いときに資格をとるというのもとても有効な手段です、

資格は仕事にも直結しますので、仕事が少ないときに頑張って取得すれば、資格のおかげでスキルアップでき、仕事の受注につながります

資格でなくても、パソコンを触ってみるというのもいい勉強になります。

建設業界で、現場にでづっぱりの人は、あまりパソコンを触る機会がないので、パソコンを少し触れる、CADもできるという人は重宝され、仕事がたくさん回ってきます。

建設業に仕事が無いのは本当?

実際に建設業界に仕事が無いのは本当なのでしょうか。

建設業 仕事無い

参照:日建連建設業ハンドブック

実は現在は建設業の仕事は増えています。バブルが崩壊した年かた建設投資額は毎年減り続けていましたが、2013年度くらいから徐々に回復し始めており、2019年も大きく上昇しています。

建設業 仕事無い

参照:日建連建設業ハンドブック

さらに、上記グラフのように建設業者はピーク時より減っており、人手は不足しています。もちろん地域差などもありますが、この状況で仕事が少ないというあなたは建設マッチングを利用すれば、効率的に仕事を受注できえるようになります。

-建設マッチング

Copyright© ゼネコン , 2020 All Rights Reserved.