基礎数学

1キログラムは何グラム?計算方法や他の単位との関係について分かりやすく解説!

1キログラム(1kg)は、1000グラム(g)です。

1キログラムの「キロ(K)」という言葉には、1000倍という意味があります。

つまり、1キログラムは1グラムの1000倍ということになり、1kg=1000gとなります。

この記事では、1キログラムとは何グラムか、その他値との関係について分かりやすく解説します。

1キログラムは何グラム?

冒頭でも解説したように、1キログラムは1000グラムです。

キロの語源はギリシャ語で、1000を意味します。

つまり、1kgは1gの1000倍で、1kg=1000gとなります。

キロ(K)は国際単位系のSI単位における、単位の一つで、国際的に使用されます。

1キログラムとグラムの関係の覚え方

キロは1000を表すということを理解しておけば、1キログラムは何グラムかと忘れたときにもすぐに思いだせます。

他にもキロは、重量だけでなくkmなど長さを表す単位などでも使用されます。

キロ=1000と覚えておけば、1㎞=1000mとすぐに出てきますよね。

1キログラムとミリグラムの関係

続いて、グラムより小さい単位「ミリグラム」とキログラムとの関係について解説します。

ミリグラムは1/1000という意味があるので、1mg=1000gとなります。

1kg=1000gなので、1kg=1000g=1,000,000mg(100万ミリグラム)となります。

1キログラムとリットルの関係

1キログラム=1リットルです。

水の密度は、1g/cm3

1リットル=1000cm3

つまり、重量=体積×密度なので、1リットル=1000cm3×1g/cm3=1000g=1kgとなります。

まとめ

1キログラムは1000グラムであることを解説しました。

キロは1000を表すということを覚えておけば、他の単位なども合わせて理解できるので便利です。

-基礎数学

Copyright© ゼネコン , 2024 All Rights Reserved.