Udemy

Udemyの払い戻し方法を画像6枚で解説【1分で完了】

Udemy 返金

あなたの悩み

Udemyで購入した動画を返金してもらいたいんだけどどうすればいいの?

このうような悩みを解決します。

Udemyでは

  • 動画の質が悪い、
  • 自分のレベルに合わなかった
  • 間違えて購入した

など購入した動画のお金を返してもらいたい場合に30日以内であれば返金してもらる制度があります。

この記事ではUdemyの返金の申請方法を解説します。

本記事を読めば簡単に返金の仕方を理解することができます。

Udemyの返金方法

①まず、購入した動画を開き、右上にある3つポチボタンをクリックします。

Udemy 返金

②メニューが開くので返金をリクエストをクリックします。

Udemy 返金

③画面が変わるので、「受講生」「コースの返金」「1つのコースの返金」を選択します。

Udemy 返金

➃「返金を希望する理由」「コースのURL」「説明(特に書かなくても構いませんが、返金を希望する詳細な理由を書けばよいです)」を選択・記入し、送信をクリックします。

Udemy 返金

⑤上記画像のコースのURLの取得方法は、退会したいコースの画面を開きそのURLをコピーすれば大丈夫です。

⑥上記で「送信」をクリックすれば返金の申請は完了しています。次に返金の申請ができているかを確認します。
トップページに行き、右上の自分のアイコンをクリックします。
メニューが開くので、購入履歴をクリックします。

⑦購入履歴の返金に部分に返金を申請した動画の情報があれば申請は完了しています。

Udemy 返金

Udemyの返金は却下される場合もある

もし質の悪い動画を購入してしまった場合でも、Udemyには購入してから30日以内の返金制度があるため安心です。

Udemyでは、納得のいく受講体験をお届けするために、購入したすべてのコースを30日以内に返金できるようにしています。コースに満足できなかった場合は、理由を問わず返金を申請できます。
ほとんどの場合、返金は元のお支払い方法で行われます。ただし、一部例外があり、その場合はUdemyクレジットでの返金にのみ対応しています。詳細については、以下をご覧ください。

返金の理由は問わないと書いていますが、もちろんむやみに返金することは良くいことではありません。

下記の注意事項をご確認ください。

返金拒否の理由

Udemyの30日返金ポリシーは受講生の利益を保護するためのものであると同時に講師を詐欺から守り、妥当な支払い日程を確保するためのものでもあります。購入後30日を過ぎると、受講料は講師に送金されます。したがって、返金期間終了後の返金申請に応じることはできません。

返金を申請する前にすべてのコースコンテンツをダウンロードしている場合は、申請が却下されることがあります。また、長期間にわたり複数のコースの購入と返金を繰り返している受講生は、返金ポリシーを悪用したとみなされ、アカウント停止の措置が下される場合があります。

よほど返金を繰り返さない限りは大丈夫だと思いますので、「これは良くない」「なんか思っていたものと違う」と思う動画があれば遠慮なくこの制度を利用するべきだと思います。

コースのコンテンツを全て見てしまうと申請が却下されることがあるようなので、早めに見切りをつけるようにしましょう。

Udemyの返金にはどのくらいかかる?

返金は約5日~10日で行われます。(私は1週間くらいで返金がありました。)

返金金はいつ受けられますか?

Udemyは、お客様から返金依頼を受け取り、処理が終わり次第、直ちに返金を行います。ただし、お使いの金融機関によっては、返金額がお客様の口座に入金されるまで5~10日間かかる場合があります。一方、コースのご購入から24時間以内に返金を依頼された場合は、購入取り消しとして処理される場合があります(詳しくは以下をご覧ください)。

-Udemy

Copyright© ゼネコン , 2020 All Rights Reserved.