一級管工事施工管理技士

一級管工事施工管理技士 過去問【室内の空気環境まとめ】


室内の空気環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 燃焼において、酸素濃度が18%近くに低下すると不完全燃焼が著しくなり、一酸化炭素の発生量が多くなる。

2 ホルムアルデヒド及び揮発性有機化合物(VOCS)のうちのいくつかは、発がん性物質である可能性が高いとされている。

3 浮遊粉じんは、在室者の活動により、衣類の繊維、ほこり等が原因で発生し、その量は空気の乾燥によって減少する傾向がある。

4 臭気は、臭気強度や臭気指数で表され、空気汚染を知る指標とされている。

+ 正解と解説

3.浮遊粉じんは、空気が乾燥するほど増加する傾向になる。

平成28年 No.2
室内の空気環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 燃焼において、一般に、酸素濃度が19%を下回ると不完全燃焼が著しくなり、一酸化炭素の発生量が多くなる。

2 臭気は、臭気強度や臭気指数で表され、空気汚染を知る指標とされている。

3 ホルムアルデヒドは、シックハウス症候群の原因物質の1つであるが、濃度が0.1 mg/m3程度になると死に至ることもある。

4 浮遊粉じんの環境基準値は、重量濃度で示されている。


3. 0.1mg=0.1ppmであるが、気管への刺激がある程度で、死へ至るほどの濃度ではない。
死亡又はそれに近い中毒症になるのは50ppm以上。

平成27年 No.3
室内の空気環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 浮遊粉じんは、在室者の活動により、衣類の繊維やほこりなどが原因で発生し、その量は空気の乾燥によって増加する傾向がある。

2 ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなどの揮発性有機化合物(VOCS)は、シックハウス症候群の原因物質である。

3 空気中の一酸化炭素濃度が2%になると、20 分程度で人体に頭痛、目まいが生じる。

4 空気中の二酸化炭素濃度が20 %程度以上になると、人体に致命的な影響を与える。


3.2%=20,000ppmのこと。人体に頭痛、目まいが生じるのは500ppm程度。10,000ppm(1%)で即死濃度に至るので、明らかに誤り。問題の条件は二酸化炭素のもの。

平成25年 No.3
室内の空気環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 一酸化炭素は、二酸化炭素より比重が小さく、人体に有害なガスである。

2 ホルムアルデヒドは、化学物質過敏症の原因物質であるが、濃度が0.1 mg/m3 程度になると死に至ることもある。

3 浮遊粉じん(浮遊粒子状物質)とは、「建築物における衛生的環境の確保に関する法律」によれば、空気中に浮遊する粒径がおおむね10 μm 以下の物質のことである。

4 浮遊粉じんは、在室者の活動やその衣類の繊維やほこりなどが原因で発生し、その量は空気の乾燥によって増加する傾向がある。


2. ホルムアルデヒドは、生命の危険は30ppm以上。欧州共同研究では50ppm以上で死亡する可能性がある。
0.1mg/m3をppmに換算すると、約0.08ppmとなる。この濃度の場合、喉の炎症が生じる恐れがある。

平成23年 No.3
温熱環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 ホルムアルデヒドは、化学物質過敏症の原因物質であるが、濃度が0.1 mg/m3程度になると死にいたることもある。

2 燃焼において、一般に、酸素濃度が19 %に低下すると不完全燃焼が始まり、一酸化炭素が発生するようになる。

3 建築基準法では、建築材料からの飛散又は発散による衛生上の支障を生ずるおそれがある物質として、石綿、ホルムアルデヒド、クロルピリホスが規制の対象となっている。

4 浮遊粉じんの濃度表示には、個数濃度又は重量濃度が使われる。


1.ホルムアルデヒド濃度の指針では、30分平均値で0.1mg/m3以下とすることとある。概ね0.08ppmである。
死に至る程の濃度ではない。
死亡に至る可能性がある濃度は50ppm以上。

平成21年 No.3
温熱環境に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

1 空気中の二酸化炭素濃度が18%程度以上になると、人体に致命的となる。

2 空気中の一酸化炭素濃度が1%程度になると、20 分で人体に頭痛、目まいが生じる。

3 臭気は、臭気強度や臭気指数で表され、空気汚染を知る指標とされている。

4 ホルムアルデヒドやトルエン、キシレン等の揮発性有機化合物(VOC)は、シックハウス症候群の原因物質である。


2.一酸化炭素濃度で、記述内容の症状が出るのは0.16%程度のころである。1%もあれば1~2分で死亡してしまいます。

-一級管工事施工管理技士

Copyright© ゼネコン , 2020 All Rights Reserved.